release

2020-10-20 18:00:00 Research Nester Private Limited

航空機ターボファンエンジン市場-航空機タイプ別;アプリケーションタイプ別;エンジンタイプ別;エンドユーザー別-世界的な需要分析と機会の見通し2028年

航空機のターボファンエンジンは、航空機の推進に使用されるジェットエンジンの一種で、バイパス空気とジェットコアの流出を利用して推力を発生させます。また、機械的エネルギーを使用して空気を後方に加速するダクテッドファンによって加速されます。ターボファンエンジンには、低バイパスエンジンと高バイパスエンジンの2種類があります。

低バイパスエンジンは軍事用途で広く使用されており、特に高バイパスエンジンは商用ジェットエンジンで普及しています。ターボファンエンジンのコアは、高圧と低圧で構成されています。エンジンの効率は、コアをバイパスする空気とコアを流れる空気の比率であるバイパス比に依存します。バイパス比が高いほど、エンジンの効率が高くなります。航空機のターボファンエンジンの市場は、2020-2028年の予測期間にわたって重要なCAGRを記録すると予想されます。

航空機の注文の増加と燃料効率の高いエンジンの需要

環境意識の高まりにより、航空機のターボファンエンジンメーカーは効率に焦点を合わせるようになっています。焦点は主に、高い燃料効率を実現して炭素排出量を削減することにあります。燃料は航空機の全体的なコストに影響を与えるため、効率の向上はメンテナンスコストの削減につながります。さらに、メーカーは、エンジンの重量を減らすためにさまざまな燃料効率の高いエンジンを考案するために、コンポーネントのアプリケーションを操作しています。

市場拘束

経済成長の鈍化と厳格な政府規制

炭素排出量の削減に伴う規制命令の強化は、航空機のターボファンエンジン市場の収益性に圧力をかける可能性があります。さらに、最新の欧州環境税による原油価格の高騰は、収益性にさらに圧力をかけると予想されます。さらに、経済の減速と多くの不確実性が航空交通と航空機の成長に影響を与えています。したがって、これらの要因は、予測期間にわたって市場の成長を妨げると予測されます。

航空機ターボファンエンジン市場は航空機タイプ別(ナローボディ機とワイドボディ機);アプリケーションタイプ別(軍用航空、商用航空、一般航空);エンジンタイプ別(PW4000、GEnx、Trent 1000、F414、GP7000など)エンドユーザー別(航空機エンジンメーカー、技術サポートプロバイダー、研究機関など)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

航空機ターボファンエンジン市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

市場セグメンテーション洞察
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の航空機ターボファンエンジン市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。航空機ターボファンエンジン市場における業界のリーダーはGE Aviation、Safran、Rolls Royce plc、Pratt and Whitney、CFM International、MTU Aero Engines AG、Honeywell International Inc、UEC Aviadvigatel、International Aero Engines、Engine Allianceなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2758

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/aircraft-turbofan-engine-market/2758

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/
??????
電話: US? +1 646 586 9123 
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール? :?info@researchnester.com


提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/256179

情報提供:リリース