release

2020-09-27 16:00:00 消費者経済総研

「空間革命」宮下パーク|ECに対し、実店舗の反撃が開始|消費の現場の最前線|三井不動産が新型の商業空間を創出|「空間革命」とは?

2020年注目スポットベスト20の、第1位の「宮下パーク(MIYASHITA PARK)」

消費者経済総研は「2020年ヒット・トレンド予測」の【商業空間 編】 として ?
「2020年 注目の新スポットのランキング|ベスト20・首都圏編」を更新しました。

当施設は、その中で、第1位となりました。
(年初のベスト20予測編に対して、オープン後、現地リサーチ結果で更新)

■空間革命 とは ?

◆2020年は「EC vs 実店舗」の戦いにおいて、実店舗の反撃が開始 とは ?
◆新型の商業空間・消費空間を、不動産業界の最大手の三井不動産が、創出
◆MIYASHITA PARKは、商業施設の「空間革命」を実現か?

■食の喜び

◆当施設には、20代の若者に、人気爆発の大繁盛スポットがある。その場所とは?
◆当施設は、飲食店という受け皿を用意。飲食店の構成比が高い理由 とは ?

◆オープンエアー・地方のご当地食・ワイガヤの飲食店が、配置された理由とは?
◆「純喫茶・スナック」や「元力士の力士メシの店」 とは ?
◆演歌歌手やDJが来る? スナックでは「全国から、ご当地ママが、出張出勤」してくる?

◆商業施設の新たな「売上の作り方」が、「食の喜び」である理由 とは ?
◆どんな飲食店でも受け皿になるか? 答えは、NOである。 その理由とは?

■魅力的な物販店

◆商業施設は、「レディース」ではなく「メンズ」のショップで、商機ありか?
◆「ルイ・ヴィトン」の世界初のメンズの旗艦店がある。その内容 とは ?
◆ MIYASHITA PARKは、希少性のある新興系のショップも開拓した
◆「空間の仕掛け」だけではない。「個性が強い、希少な、小規模」な物販店も集合

■カルチャー、そして、魅力的な屋上公園

◆東急、西武セゾン、そして三井不動産が、シブヤ・カルチャーの継承と発展へ
◆魅力空間だが、特筆すべき空間は、何と言っても、屋上の「新・宮下公園」

建物完成の前の時点での当初の予想より、オープン後の実際の姿には、
「より高い魅力」を、感じとることができました。

昨年2019年は、渋谷の再開発など、新規の商業空間の当たり年でした。
そして今年2020年も、負けず劣らず、魅力的な商業空間が、続々オープンです。

■本件テーマの「詳細編」は、【 下段記載URL 】をクリックして、ご覧下さい。 ?
?
■ヒット・トレンドの対象は?

消費者経済総研における「注目スポット・ランキング」は、 ?
「規模順」ではありません。 ?
「空間の特性」に着目し「今後の商業空間のあり方」を、うらなっています。 ?

こうすることで、 ?
「世の中が、どう、変わったのか?」 「今後の世の中は、どうなるのか?」 ?
「伸びる消費ジャンルは、どこか?」 「私たちの暮らしは、どうなるのか?」 ?

これらのヒントにつなげていきます。また今後の空間開発等につなげたく思います。 ?

■本件の個別の取材・出演・執筆を、ご要望の際は、個別対応いたします。 ?
?
■取材・出演の依頼 ?
番組での解説・出演・コメント、執筆・寄稿、講演・セミナー、取材等のご依頼は、 ?
お電話・メールにて、お願いします。 ?

■当方は、消費・商業の空間の取材・被取材などで動いていますので、
土日も含めて、ご遠慮なく、ご連絡くださいませ。 ?
(メディア関係者・企業・法人様への対応ですので、一般個人の方はご遠慮下さい。)

■【詳細の内容は?】 ?
消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出中です。 ?
詳細は、そちらをご覧下さい。 ?

*「消費者経済総研」で検索→「ご案内・ご連絡」→「宮下パーク」
または
https://retail-e.com/syouhisya-keizai-mp.html

※当総研が提供する情報は、正確性・完全性・有効性・真実性・最新性等、何らの保証もなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。 ?

■【プロフィール】 ?
松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント) ?
*1986年 私立 武蔵高校 卒業 ?
*1987年 慶応大学 経済学部 入学 ?
     経済学部で、 ?
     ・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等) ?
     ・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済を専攻 ?
      経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究 ?
*1991年 慶応大学 卒業  東急不動産(株) 入社 ?
*1997年 親会社の東急(株)へ逆出向 ?
     消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当 ?
*2000年 東急不動産 復職 ?
     各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。 ?
*2005年 東急不動産から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう ?
     株式会社リテールエステートへ移籍 ?
     14年間、全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。 ?
*現在  消費者経済総研 チーフ・コンサルタント ?
     兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳) ?


提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/254154

情報提供:リリース