release

2020-09-25 17:00:00 Research Nester Private Limited

農業生物製剤市場ータイプ別、ソース別、適用方法別(葉面散布、土壌処理、種子処理など)、作物の種類別(穀類、穀物、油糧種子、豆類、その他)-グローバルな需要分析

生物学的農業は、経済的かつ環境的に持続可能な農業生産システムであり、作物処理のための安全な製品の使用を促進します。これは、生態学的に有害な影響を最小限に抑え、再生不可能な天然資源を使用することによって達成されます。農業生物製剤は、植物、動物、微生物などの自然源に由来する生化学物質または微生物です。それらは比較的安全であると考えられており、作物に残留物を残さず、保護以外にも、作物の全体的な肥沃度と生産性を高めることができます。農業生物製剤市場は、2020-2028年の予測期間中に高いCAGRを観察することが期待されています。


有機食品への需要の高まりが有機農業の世界的な増加につながっています
農業生物製剤は、世界的な有機製品の需要の高まりに応えるために重要な役割を果たすと予想されています。農薬の過剰使用による環境の悪用により、生物由来製品の需要が高まっています。このテクノロジーは、作物の保護と収穫量の増加に限定されるだけでなく、持続可能な農業と土壌肥沃度の長期維持を保証します。さらに、作物保護成分および作物栄養素製品の開発における主要な国際市場プレーヤーによる投資機会の増加も、予測期間中の市場成長に大きな利益をもたらすと予想されます。

農業部門は、すべての企業に停止を強いるCOVID19の発生による影響はほとんどありません。しかし、作物の栽培と灌漑は、パキスタン、インド、南アフリカ、中国などの発展途上国、特に農業セクターがGDPの主要な貢献者の一つであるインドで生き残ってきました。

農業生物製剤市場はータイプ別(生物農薬、生物刺激物質、生物肥料)、ソース別(微生物、生化学、その他)、適用方法別(葉面散布、土壌処理、種子処理など)、作物の種類別(穀類、穀物、油糧種子、豆類、果物、野菜、その他)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

農業生物製剤市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。
農業生物製剤市場は地域に基づいてさらに区分されます。
・北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の農業生物製剤市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。農業生物製剤市場における業界のリーダーはValent BioSciences LLC、Bayer AG、Syngenta AG、BASF SE、ArystaLifeScience、Koppert Biological Systems、Marrone Bio Innovations、Novozymes、Certis USA LLC、Agrilifeなどです。
???????????????????????????????????????????
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2711

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/agricultural-biologicals-market/2711

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/
??????
電話: US? +1 646 586 9123 
電話: UK +44 203 608 5919
? Eメール? :?sales@researchnester.com


提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/254075

情報提供:リリース