release

2019-05-17 10:00:00 特定非営利活動法人イマジン

暗礁に乗り上げたいじめ対策改正案、大切なのは「互いの尊厳を守る」教育! 〜ユース・フォー・ヒューマンライツ 教育DVDのプレゼント〜

最近、超党派の国会議員によって進められている「いじめ対策改正法案」が暗礁に乗り上げているニュースが報道されました。学校関係者の現場の現実と、いじめを受けた生徒や子供を亡くされた遺族の思いが対立しているようです。

 今月9日に文部科学省で会見したいじめ被害者の高校生は、この改正案では「子供のための法律にならないと感じた・・・。もっと子供たちの笑顔が増えるような法律を作られることを願っている」と話していました。

 何よりも大事なのは、将来を築く子どもの命と心身の健康です。そのために必要なのは「互いの尊厳を守る」教育です。これには大人も子供も関係ありません。互いに学んで、互いにそれを守り、「子供たちの笑顔にあふれた社会」を目指すことが解決に結びつきます。

 根本となる「互いの尊厳を守る、互いに尊重し認め合う」という認識を高めるため、世界人権宣言が世界の共通認識になります。なぜなら、人には皆、人として誰もが確固たる権利を持っており、その権利には他人の権利を守り、尊重することも含まれているからです。

 ユース・フォー・ヒューマンライツでは、次代を担う青少年に30条項から成る世界人権宣言をより簡単に理解し、実践できるように教育DVDを制作しています。

 教師から暴言を浴びせ続けられていた中学生は自殺し、いじめを受け続けた高校生は文科省でその被害と改善を訴えている昨今、より多くの人々にその解決にむけた情報や知識を提供していこうとユース・フォー・ヒューマンライツ Japanでは活動しています。

 5月18日には、若者の街である代々木公園周辺にて教育小冊子の配布イベントを開催し、今月末には学校での出張授業も行っていきます。同時に、今回、会員の協力によって授業やセミナーで使用されている教育DVDを5名様にプレゼントいたします。

教育DVDプレセント・キャンペーン

 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-25-1 人権教育DVDプレゼント係。

はがきに、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、希望理由を明記の上ご応募ください。発表は発送にてお知らせいたします。2019年5月31日消印有効。

  ユース・フォー・ヒューマンライツ・インターナショナルでは2003年からヒューマンライツ・エデュケーショナル・ワールドツアーを開始し今年で16回目を迎えました。アメリカのワシントンD.Cからヨーロッパ、アフリカ、アジアと毎年各地を巡り、国連の定めた世界人権宣言を通して行う啓発活動を各地の指導者や教育者らと交わり、普及しています。人道主義者であるL. ロン ハバードの言葉「人権は、理想的な夢ではなく、実現されなければなりません」に基づいて、人権を実現させるためあらゆる教育者と指導者と協力して活動を行っています。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、障害者の真のノーマライゼーションを目指し、ユース・フォー・ヒューマンライツの活動に協力しています。



提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/221205

情報提供:リリース